ほほえみグループは医療施設併設の老人介護・福祉施設です。
老人ホームや認知症の方の入所(グループホーム)もお任せ下さい。
ほほえみリンク | 更新履歴 | サイトマップ
目くばり気くばり、ほほえみで
 
ほほえみ医療・介護・福祉グループ -医療施設(クリニック)が併設された介護施設です-
医療・老人介護・福祉のお問い合わせ窓口
お電話でのお問い合わせは0568-65-0151(ろうごのいこい)まで 医療・老人介護・福祉に関する詳しいお問い合わせ
 
老人介護・福祉
ほほえみグループとは
アクセスマップ
ほほえみスタッフ
介護施設・福祉施設のイベント案内
介護と福祉のニュースレター
老人介護のよくあるご質問
介護・介助のお問い合わせ
トップページに戻る
 
ふなびきクリニック
 
最適な介護・介助サービスの診断
 
ほほえみのお食事は自社厨房で調理しています
 
ほほえみグループ公式ブログ「ほほえみ日和」
 
老人福祉施設資料送付サービス
 
老人介護・福祉施設の資料請求
 
老人福祉施設の資料請求
 
ほほえみグループの個人情報保護指針
 
求人案内
 
リハビリテーションについて
ほほえみグループでは理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)による、1対1の個別リハビリテーションと集団リハビリテーションを行っております。
個別リハビリテーションでは平行棒を使用した歩行訓練や立ち上がり、バランス訓練など日常生活に必要不可欠な動作の訓練(運動療法)を中心に行っております。集団リハビリテーションではレクリエーションや作業療法、パワーリハビリテーション、学習会を行っております。いずれのリハビリテーションも療法士が中心となって行っております。
利用者様が住み慣れた地域で生き生きと、自立した生活を送る事が出来るよう、医師や看護師、准看護師、介護士、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、柔道整復師、鍼灸マッサージ師が一体となり、日常生活動作能力の維持と向上に努めております。
 
デイサービスほほえみと介護老人保健施設ほほえみに「レッドコード」が導入されました!
個別リハビリテーション
1.運動療法
日常生活の要となる起居・移乗動作や歩行訓錬・バランス訓練などを行います。実際の生活に必要な筋力・関節の動き・心肺機能などの低下を予防するとともに、体力の維持・改善を図ります。
2.物理療法
痛みに対して電気治療・温熱治療やマッサージ治療を行います。頚部・腰部の牽引療法を行います。
3.日常生活動作訓練
食事・更衣・排泄・入浴など実際の生活に必要な動作について、その人に合った適切なやり方や介護の方法を訓練・指導すると共に、規則正しい生活リズムを獲得します。

運動療法で獲得した動作を施設生活で応用する事により、家庭での動作レベルアップを図ります。必要に応じて福祉用具(ポータブルトイレ、ベッドの手摺り、リハビリシューズ等)や車椅子、装具の紹介や選定を行い、ご利用者様がご家庭で充実した施設・在宅生活を続けられるようサポート致します。
 
集団リハビリテーション
1.作業活動
手芸・工作などの作業を通じて、自己表現をしながら身体の機能や精神の活性化を図ります。個々の生活環境や経験を生かした趣味活動や、自己表現の機会を持つ事により、生きがいの再獲得を図り自発的な生活を目指します。
2.レクリエーション
気分転換や精神の活性化、仲間とのコミュニケーション手段として、各フロアにてレクリエーションを行っています。

様々な道具を使ってゲームを行います。ゲーム中に白熱して歓声が上がったり、拍手が起こったりして皆様楽しまれております。カラオケや演奏会、川柳会も定期的に行っています。
 
パワーリハビリテーション
パワーリハビリテーション
パワーリハビリテーションとは、介護予防という形で要介護者を支え合うという考えの元に登場した新しいリハビリの方法です。専用のマシンを使って、普段使用していない筋肉や神経を再活動化させ、日常生活動作の維持や改善を図ります。

介護老人保健施設ほほえみ1階のリハビリスペースでは介護予防・廃用症候群進行防止の観点から、平成17年4月よりコンパストレーニングマシンを使用したパワーリハビリテーションを導入致しました。ご利用者様からは「歩きやすくなった」「肩の痛みが減って動きが良くなった」等と好評を頂いております。

ご利用者様の表情や話し方などをみると、以前と比べて皆様、明るく活発になってきたような印象を受けます。自宅では外出する機会が増えたり、家事をこなす回数が増えたりと、対人交流や自発性の向上においても変化がみられます。
>> パワーリハビリについて詳しくはこちら
 
脳活性化リハビリテーション
学習会
音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、ご利用者様とコミュニケーションを図りながら行います。

認知症の進行防止や予防に効果があるとされていますので、認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能等の維持、改善を目的に行います。
学習療法用プリント棚
一人一人の学習者の能力に応じて学習可能な教材を選定します。達成感と成就感に満ち、充足感があるものを考慮し、負担が少なくスラスラできて、自力での完成が可能な問題に取り組みます。 学習療法用プリント棚







 
生活リハビリテーション
生活リハビリ
高齢者はお一人お一人がかけがえのない命と暮らしと歴史を持っていらっしゃいます。その方たちが今まで暮らしてきた息づかいのある環境を提供し、日常生活での自立を念頭に置き、利用者様同士が相互に社会的関係を築く支援、広がりのある日常生活を楽しむための交流と会話、高齢者が今までに身につけた頼り頼られるという役割での精神的満足を生み出す支援、食事の簡単な下準備や配膳、後片付け、清掃やゴミの始末といった日常生活における自信を取り戻す支援を行います。
 
ほほえみグループの施設では、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、マッサージ師、看護職員、介護職員等により、ほぼ全ての施設で複数のリハビリテーションを導入しています。
 
>> 前のページに戻る
 
 
 
ほほえみ医療・介護・福祉グループ -医療施設(クリニック)が併設された介護施設です-

〒484-0064 愛知県犬山市前原西3丁目31番1
TEL 0568-65-0151(ろうごのいこい) 総合案内窓口
FAX 0568-65-2244
E-mail:info@hohoemi-kaigo.com
ほほえみグループへのアクセスマップ