ほほえみグループは医療施設併設の老人介護・福祉施設です。
老人ホームや認知症の方の入所(グループホーム)もお任せ下さい。
ほほえみリンク | 更新履歴 | サイトマップ
目くばり気くばり、ほほえみで
 
ほほえみ医療・介護・福祉グループ -医療施設(クリニック)が併設された介護施設です-
医療・老人介護・福祉のお問い合わせ窓口
お電話でのお問い合わせは0568-65-0151(ろうごのいこい)まで 医療・老人福祉に関する詳しいお問い合わせ
 
老人介護・福祉
ほほえみグループとは
アクセスマップ
ほほえみスタッフ
福祉施設のイベント案内
老人福祉ニュースレター
老人介護のよくあるご質問
介護・介助のお問い合わせ
トップページに戻る
 
ふなびきクリニック
 
最適な介護・介助サービスの診断
 
ほほえみのお食事は自社厨房で調理しています
 
ほほえみグループ公式ブログ「ほほえみ日和」
 
老人福祉施設資料送付サービス
 
老人介護・福祉施設の資料請求
 
老人福祉施設の資料請求
 
ほほえみグループの個人情報保護指針
 
求人案内
 
よくあるご質問
言語聴覚士とはどんな人ですか?
言語聴覚士は、言語や聴覚、音声、摂食機能に障害のある方々に対して、障害された機能とそれによって生じるコミュニケーション又は摂食障害を評価して、改善、維持、あるいは代償させるための訓練を行います。

言語聴覚士は1997年に言語聴覚士法が成立した時からの職種です。それまでは言語療法士(ST)など様々な名称で呼ばれていました。

コミュニケーション障害には、大人では脳血管障害に伴って発生しやすい失語症や発声発語器官の麻痺の異常に伴って起こる運動性構音障害、人工喉頭や食道発声などで代償される器質性構音障害、声帯ポリープなどの音声障害、心理学的なものでもあるといわれる吃音など様々な症状があります。

子供では、知的障害を原因とする言語発達遅滞や、発達の途上で発音の仕方を誤って学習してしまう機能性構音障害などがあります。

又、人間が使っている発声発語器官は、もともと摂食や呼吸のための器官であるため、発声発語器官に障害を持つ方々は食べることの障害=摂食嚥下障害を持つ場合も多く、言語障害と密接な関係があります。

このように、言語聴覚療法とはコミュニケーションや食べる事に障害を持つ方々の言語や聴覚、摂食の機能の獲得・回復・維持を支援し、最終的に「生活の質(QOL)」を高めるために行われるリハビリテーションです。
 
関連するよくあるご質問
機能訓練指導員とは何ですか?
理学療法士(PT)とはどんな人ですか?
作業療法士(OT)とはどんな人ですか?
 
>> よくあるご質問一覧へ戻る
 
 
 
ほほえみ医療・介護・福祉グループ -医療施設(クリニック)が併設された介護施設です-

〒484-0064 愛知県犬山市前原西3丁目31番1
TEL 0568-65-0151(ろうごのいこい) 総合案内窓口
FAX 0568-65-2244
E-mail:info@hohoemi-kaigo.com
ほほえみグループへのアクセスマップ